July 23, 2006

近所の公園に、ハイビスカスが大量自生。

Hibiscus


家の隣の公園には、「野良植物」たちが結構ある。


なにが野良かというと、余ったり要らなくなったりした植物を近所の人々が勝手に植えてしまうからだ。その結果、当初の植栽計画には絶対ないだろうと思われる植物たちが結構点在している。


桜の隣にソテツとか、気づくと知らない苗木が(しかも丁寧に添え木つきで)植えてあったり。


そんな野良たちに、今年から「ハイビスカス」が仲間入り。。。
気づいたら、隅っこに群生して立派な花を沢山咲かせていた。


近所の人もあまり気づかないようで、みんな素通り。
近所の犬軍団(自然発生的お散歩コミュニティ)の人たちも、言われて気づくといった感じ。


あまりに立派なので、端に生えているものをちょっと失礼して家に飾る。
元々盆栽なら雑木が、生けるなら野草を好むタイプなので、こういう仕立てをすることが多い。


ちなみに、花器は「HIGASHIYA」のオリジナルの湯のみ。色違いで組みになっているものの、1つ。求めたのは、二子玉川の「KOHORO」で。どちらも、わたしのお気に入りSHOP上位にランクするお店で、無条件にオススメです。

| | Comments (145) | TrackBack (0)

July 18, 2006

漢字バトン

久々にバトンが回ってきたので、書いときます。
(遅くなってスマン > 公)

■1.前の人が答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

【猫】: といえば、肉球。または、しっぽ。まずはうちの猫を思い出すが、近所の公園に生息する通称「忍者」(勝手につけているあだ名)も思い出す。きれいな黒猫さんです。
【酒】: 完全にアセトアルデヒド脱水素酵素を持ち合わせていないわたし(=下戸)としては、あまりいい思い出がない。。。最近はやっとビールの味がわかるようにはなった。
【漬】: 白菜。浅漬けサイコー。

■2.次の人に回す言葉を3つ

【餡】【風】【寂】

なんか、ジャポネスクな感じでよしなに。

■3.大切にしたい言葉を3つ

【凛】【武】【和】

なにがあっても、ピンと一本筋の通った男でいたいものです。
戦わずして、勝つ。みたいな。

■4.漢字のことをどう思う?

元々、漢文は好きだったので、漢字も好き。
字の成り立ちを調べるのも、好き。
あと、かっこいい字面を見ると、書いてみたくなる。

■5.最後にあなたの好きな四字熟語を3つ教えてください

・花鳥風月
・温故知新
・諸行無常

■6.バトンを回す人7人とその人をイメージする漢字を

適当に取っていってくださいな > みなさま

| | Comments (205) | TrackBack (0)

「モンステラ」の標本ライクなパネルを飾る。

Monstera

実に3ヶ月ぶりの更新。
いいかげん、怠け過ぎ。


4月の組織変更により、これまでが嘘のようなワーカホリック生活になってしまったが故のことなので、お許し願いたい。。。(毎日終電 or タクシーはさすがに飽きた)


そんなわけでめっきり出不精になっているわたしが最近よく利用しているのが、「WEBO」というオンラインショップ。神戸にお店もあるようだが、Webサイト自体のデザインもさることながら、扱っている品々のセレクト加減が最高である。

元々はシンプルなキーリングを探しているときにたどり着いたところで、GEORG JENSENのものを買い求めたところから始まり、気づけば文房具やらいろいろと細かいものまで揃えている気がする。

今回買ったのは「モンステラのリーフパネル」。この観葉植物はミッドセンチュリーにブームがあった影響で、その方面のインテリアショップでは一緒に展示されているのをよく見る。

うちは特にミッドセンチュリー家具を揃えているわけではないが、白い壁に映える何かをずっと探していた。今回はまさにバッチリ収まった気がするので、満足度は高い。あとはモノクロームの写真(杉本博司のオリジナルプリントとか...)が数点あれば、完璧かなぁと思う。バランスが難しいところだ。黒田泰蔵の白磁の盆も前々から欲しいのだが、妥協なく満足するシェイプのものが見つからないのと、値段がやはりそれなりなのがあって、未だに買えずじまい。いつかはよいものと出会えるだろうか。。。

| | Comments (143) | TrackBack (0)

April 16, 2006

黒ダリア「黒蝶」

Kokucho

わりと近所に、お気に入りの花屋さんができた。


切花のセレクトが非常に良く、
一風変わったものからゴージャスなものまで、
品数は少なめだけれど気に入ったものだけ置いている。


そんな雰囲気。


先日買った「黒蝶」も、すごく深みのある色合いで、一目で気に入ってしまった。


昔バリで買った磁器に合わせて、生けてみる。


悪くはないが、もっと花の近くまでグッと切り詰めて、
ガラスのボウルに浮かべたりしたほうがより花の良さが出るだろう。


今度はボウルを探しに行こう。

| | Comments (129) | TrackBack (0)

April 11, 2006

きのこカルチャーマガジン『きのこ』創刊

Kinoko_magazine

先週・今週と、仕事がバタバタしすぎていて、
ついでに柄にもなく休日出勤までしちゃったりして、
早く1200億円返してね、とかいうプレッシャーを感じたりして、
大人な政治関係の狭間に投入されている今日この頃ですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


そういうやさぐれているときには、現実逃避が一番。


いろいろネットサーフィンした結果、琴線にふれたのがこの雑誌、
きのこカルチャーマガジン『きのこ』


これ、完全にジャケ買い(表紙)なのだが、内容的にも、

●ゴンチチ・チチ松村のきのこ桃源郷
●きのこ漫画「きのこLife」 城戸みゆき
●毒きのこ事件簿 堀博美


あたりは、相当にグググっときます。


その他、「日本キノコ協会」のオフィシャルページには、「キノコ業界ニュース速報」や「新!粘菌交流掲示板」など、気になるコンテンツが盛りだくさん。


2006年は、キノコがくる予感。


ついでにこんな食玩も発見


グっときます。

| | Comments (606) | TrackBack (1)

«ステーキ丼