« June 2004 | Main | August 2004 »

July 28, 2004

ist*D

hills_istd.JPG
ist*D / SIGMA 17-35mm F2.8-4

ということで、ついにデジタル一眼レフデビュー。Nikon D70と迷いまくった結果、

・10年来愛用している50mmF1.4純正レンズが使いたい!(他にも単焦点ものが色々)
・どうしてもNikonのUIに慣れなそう。ist*Dは「絞り込みボタン」が電源と一緒のレバーにありイイ。
・ホワイトバランスが優秀。
・単三電池が使える。

等々の理由により、やっぱりPENTAX ist*Dに決定。ME Super→MZ-50となにげにPENTAX好きなので、これも必然か。Kマウントはずっと変わってないので、ふとオークションで衝動買いしてしまっても安心。ロシアなレンズを拾ったとしても、M42アダプタあるから安心 :)

# 結局のところ、一番メジャーなものは生理的に買えないだけかも。。。(病気だ)

とにかく、これで銀塩とはおさらば。でも、Rolleiflexはあいかわらず欲しいまま。うーむ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 26, 2004

半年間の眠りの後

明日は徹夜(というか、夜勤)確定のため、今日は早めに帰宅する。が、なぜかまっすぐ家には帰らず、某所に寄り道。

そして、半年間もの間吟味を重ねていたブツを手に入れる。

旅行が楽しみである。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

カート大会

土曜日は会社の人々とITAKOモータースポーツパークにてカート大会。暑いのに、耐久。それも50分X2ヒート。しかも人数が当初より少なくなったため、うちのチームは二人で交代で走ることになった。

対するチームは経験者、未経験者混在なのだが、なんといっても負けられないのは某社長。いつもは実車で同じチームのためバトルしたことがないのだが、カプチーノの走りを見る限りではかなりのやり手。同じクルマなら負けん!ということで、最初から大人げない本気モードで走る。

案の定社長とは途中で数周にわたり抜きつ差されつのデッドヒートを繰り広げ、お互い思わず「ニンマリ」としてしまうくらい面白かった。実車と違ってカートと言えどフォーミュラなのだから、ダイレクトにくる感覚がクセになる。

リザルトはというと、1ヒート目は1位を獲得したものの、2ヒート目でマシントラブル(タイアバースト...)により3位に後退。悔しいが勝負は水モノなのでしょうがない。その後は近くのかんぽの宿にて温泉&メシを喰らい、文字通り水に流す。

ひさびさにカートを満喫した日だった。第二戦が待ち遠しい!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 19, 2004

日本民藝館

ツーリングの疲れが微妙に残っていたのだが、日本民藝館を見に行った。

ここは昭和11年に民藝運動の先駆けであった柳宗悦が中心となり設立したもので、生活の中に根付く美しい民藝品を数々を蒐集・展示している。「用の美」を探求した彼の哲学が今なお受け継がれる場所であり、展示自体がアートと呼べるほどいろいろな気配りをもって配置されていた。現在は、宗悦の長男である(昨今のインテリアブームで有名になった)柳宗理が館長を務めている。

今回の特別展は李朝時代の工芸品。宗悦の民藝運動の原点というべき品々が数多く紹介されているさまを目の前にして、つくづく彼の審美眼に感心すると共に新しい発見と驚きの連続であった。
特に水滴は大きさ、バリエーションともにわたしのツボに入りやすいもので、いつかホンモノを手に入れてやろう!と心に決めた。ただ、李朝はいわゆるサライ世代(または、太陽世代)に人気があるので、値段も高いものが多い。とはいえ骨董市ではニセモノばかりなので・・・

今すべきことは良いものを数多くみて、自分の審美眼を鍛えることと知る。
海とは全く関係ないが、有意義な海の日であった。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

July 18, 2004

ツーリングおわり

touring_3.jpg
浦和料金所にて、解散

ということで、いつものメンツとはまた違ったツーリングだったけど、ホント面白かったー!またこういうの、やりたいな。

それにしても、高速や峠(登り)を走るとやっぱりビックバイクが欲しくなる。さすがに200ccじゃツライ。。。常にアクセス全開だから、右手にマメができちゃったよ。そのうち、500ccくらいのスクーターに乗りたいと強く思った。まずは限定解除だなぁ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

ツーリング2日目

touring_2.jpg
山道を攻めるの図。アメリカンのバイクは曲がらなくてツライらしい。

2日目も峠を攻めながら牧場にいったり、つり橋渡ったりしてツーリングっぽい感じ。こういうのは久しくやってなかったが、やっぱり楽しいなー♪ 途中でぼーっとしてたのか、前のコッペさんに突っ込むという有り得ない失態を見せたのだが、お互い大事に至らなくて一安心。。。(ホント、すんません)

お昼はゴージャスに自社牧場を持っているというステーキ屋でたらふくリブステーキを食す。牛の脂はこんなにも美味いのか、と思わずにはいられないものだった。すばらしい。しかも、向こうのサーブに不手際があり、最後に全員20%OFFといううれしい誤算。ありがとう、キノ。君のおかげだよ(笑)。

そして那須I.C.から帰路に。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ツーリング1日目

touring_1.jpg
今回のメンツ。それぞれがキャラ立ちしてる感じ(笑)

この土日は会社の友達とバイクでツーリング。峠を攻めて温泉コースということで、日光国立公園・奥鬼怒温泉郷 八丁湯という秘境(?)に行ってきた。
今回の主催であるコッペさんたっての希望により、華厳の滝・東照宮観光という日光の王道(というか、みんな小学校以来でしょう。。。)をめぐりながらのツーリングとなった。

華厳の滝なんて、、、と思っていたが、改めて見てみると結構すごい。ふつーにはしゃいでしまった。東照宮もしかり。温故知新とはよく言ったものだ。

それにしても、テレビでは見たことあったけど、日光の猿どもはホントにものすごい。車の窓が開いてるとサーと中に入ってビニール袋を物色!わたしの目の前で、買ったばかりのお弁当をパクられているおばちゃんがいたよ。。。恐るべし。

目的地は国有林の中のためマイカー規制が入っており、バイクでいけるのはふもとの駐車場まで。そこからは宿のバスで20分ほど山道を行く。なんとなく、秘境っぽい雰囲気を盛り上げてくれる。宿の温泉はかなり極上の湯質で、お肌がスベスベになってしまいました。調子にのって、3回も入ってしまった。

夕食のときに隣にいた若い女子たちを待っていたわけではない、決して。(ここは混浴)

ということで、1日目は終了。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

July 11, 2004

夏のブランチ

salad_corn.jpg

最近暑いので、今日は朝7時ごろにおきて犬の散歩にいく。
まだ空気が涼しい感じで、風が心地よい。

ついでに参院選の投票をして、散歩はおわり。

相方がスケッチの授業に行ってしまったので、一気にヒマになる。わたしはわりと外で遊んでるイメージが強いみたいなんだけど、実は家で「ぐでー」っとしてるのが大好き。すばらしき、ヒマ生活♪

家事をしていたら小腹が減ってきたので、ブランチをつくる(休日はあまりおなかが減らないので、いつもこんな感じ)。そうめん+オクラ系というのもよかったが、ニース風サラダとちょうど送られてきた初・とうもろこしにする。とうもろこしはすごく甘くて、「もろこし、あんたすげーよ!」と褒めてあげた。今年は結構晴れてたからかなぁ、いい出来。

おなかが満たされたので、アイスカフェラテを飲みながら先週出たOrange Pekoeのアルバムを聞き流す。さすがに全体的によくまとまっていて、いいな。

さーて、あとは何しようかなぁー。

なんて考えること自体、久しぶりだよ。これぞ「小確幸」(※)。

【小確幸】 日常の中にある、「小さいけれど、確かな幸せ。」のこと。 by 村上春樹 (村上朝日堂のどれかで言ってたことば。たぶん、うずまき猫)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

July 10, 2004

最後のSALE

seamaster.JPG

そろそろ夏のセールも終わりですね。例年はかなり出遅れていたんだけど、今年は違う。いつもの店のセールが金曜日開始だったので、有休とってスタートダッシュ! その甲斐あって、成果もかなりのもの :)
今年はややエロサワヤカ路線からサワヤカ度を低めにしていく予定なので、今まであまり手を出していなかったようなアイテムが中心。個人的に非常にリネンにハマっているので、シャツもジャケットもリネンものを数点買う。

これでだいぶ満足したつもりで、これで終わりのはずだった。が、どうしても最近気になっていたものがあり、今日は「中野ブロードウエイ」にいく。こういうときに限って、すごーくいい感じのヤレ加減を見せている50年代のシーマスターが入荷しており、案の定一目惚れ。さらに明日までセールで10%引き・・・

ご想像通り、買っちゃいました。。。

本能対理性、本日は前者の完全勝利ナリ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »