June 25, 2005

ミュージックバトン

Spinnersからバトンを渡されたようなので、やってみよう。

◆Total volume of music files on my computer

8.2GB。2000曲弱。

◆Song playing right now

基本的に家にいるときは J-WAVE がかかっている。今は「 CLANNAD / THEME FROM HARRY'S GAME」が ON-AIR 中。

そういえば、最近ずっと頭に残っているのは、「JAM The World」の最後にやっている「マクロミルのうた」。♪みるみるみるみる、まくろみる〜♪ と原田知世が歌っているのが、耳から離れない。。。

◆The last CD I bought

「Ocho / Numero Tres」
梅雨だというのに「夏だ、スカだ、サンバだ!」という気分の陽気がつづいているので、ブラジルものを。JBの「Hot Pants Road」とかも入っていて、なかなかよい。

◆Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me

「クレイジーケンバンド / 透明高速」
敬愛する横山剣のナンバーから。車に乗っているときは必ずかかる、ヘビーチューンのうちの1つ。走りながら聞くと最高にゴキゲンなのだが、自宅で聞くとそうでもないのはご愛嬌。(車に乗りながら作曲してるに、2000点)

「The Miceteeth / 霧の中」
若手 No.1 Japanese SKA Band と勝手に認定している彼らの、アルバムタイトル曲。Determinationsのおっさんらの影響を強く感じるが、日本人らしからぬいい意味でのいい加減さ・気の抜けたサウンドが最高。

「EGO-WRAPPIN' / Calling Me」
エゴラッピンの初期の代表曲。ゆるやかなリズムの中で伸びやかに歌い上げるよっちゃんの歌唱力に脱帽。

「Astrud Gilberto / Corcovado」
季節柄、Latin-Bossa ものがプレイリストの上位にきているのだが、Gets/Gilberto 系からスタンダードを1曲。

「菊池成孔 / 京マチ子の夜」
最近では文筆家としての顔の方が有名な菊池成孔の最新アルバム、「南米のエリザベス・テイラー」から。彼に関しては、賛/否・キモイ/カッコイイ・イケてる/イケてない、と両論が拮抗している気がするが、わたしの中では「ナチュラルボーンな変態」として尊敬してやまない。
彼の作品としては デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン(DCPRG)のものが一番好きだったが、BLUENOTE東京での「concert degustation a jazz」を見てから Jazz やってるのもいいなぁと思った。でも、このコンセールで一番満足度が高かったのは、カヒミ・カリィだったけど(笑)。

◆Five people to whom I'm passing the baton

もはや、渡すべき人が見つからない。。。
ということで、こっそりバトンを裏山に埋めておきます。。。orz

| | Comments (18) | TrackBack (1)